スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.10.04 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「サッシ・レールのお掃除」

こんにちは晴れ お掃除&コーティングの専門店KISの松本ですぴのこ:)

今日は「サッシ・レールのお掃除」のコツをご紹介したいと思いますonpu03


ホコリ汚れ程度であれば


土埃や細かな砂利など軽度な汚れの場合は、掃除機の先にブラシ状のアタッチメントを付けて、ホコリを吸い取ります!!固まった泥や油汚れは、竹串や割り箸でこそぎながら、吸い取ると良いでしょうひらめきプロの愛用アイテムは、「傷つけない万能おそうじスティック」ですkyu
ホコリを除去できれば、霧吹きや水を含んだスポンジでレールを濡らし、汚れをゆるめてから雑巾で拭き取りますびっくり油汚れの場合は弱アルカリ性の洗剤(プロアイテムは「泡になる強力油汚れ分解スプレー」)をハケ等で塗っておくと分解が促されますkirakira21〜2分放置してから、歯ブラシやシューズブラシ、サッシブラシ、隅っこ掃除用スリムブラシなどでレールに沿ってこすり、きれいなタオルで拭きあげましょう手

ベランダ側の掃き出し窓のサッシは


水が使える金属やアルミ製のサッシレールであれば、じょうろやペットボトルで、少しずつ水を流しながら、水の流れに沿ってサッシブラシで一気に「洗い流し」するときれいさっぱりしますびっくりもちろん、洗い流した汚水が階下の部屋やご近所さん、思わぬ通行人の方の迷惑にならないように事前に注意するのは必須ポイント汚れがひどい場合は、洗剤を先にブラシで塗っておきましょう♪また、ベランダの防水施工がきちんと成されているか、念のため注意しましょうDocomo88特にコンクリート製の床は、ひび割れの部分から水や洗剤が浸透しやすいので要注意です注意

水を使いにくい木製のサッシなどの場合


サッシが木製であれば、水を流すことはできないですね・・・この場合は、水を含ませたティッシュペーパーやキッチンペーパーで汚れている箇所を軽く湿布するなどの方法で、水はなるべく最小限に抑えてお掃除することを心がけましょう手

アルミや金属サッシにプツプツができている場合は


金属サッシの場合、表面にプツプツと小さな斑点ができることがあります・・・これはサビや経年による腐食によるものなので、洗剤をかけるくらいでは落とせませんので、物理的にこすることを考えます!!水を少量含ませたスチールウール(目の細かい金属タワシ商品名「ボンスター」)で、サッシの目に沿って、軽く何回か往復してこすると落とせます手落ちにくい場合は、クリームクレンザーや石鹸をつけてくださいひらめきただし、ぽっかり穴が開いていたり、突起状になっているプツプツは完全には落とせないので、こすりすぎによるキズが出来る前の「引き際」も大切ですびっくり

とういうわけで、今日は「サッシ・レールのお掃除」のご紹介でした♪
ありがとうございましたheartき




 

スポンサーサイト

  • 2018.10.04 Thursday
  • -
  • 15:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM